禁煙して楽しい生活を送る人たちの写真

禁煙しようと考えていても出来ない人は多いはず!楽しく禁煙を行えばストレスを感じなくできるはずだと思います。まずは禁煙に成功して充実した生活が送れることを考えて行いましょう。

楽しく禁煙するにはドーパミンを出す

一般的に、禁煙生活をスタートさせてから2日程度で、禁断症状が見受けられます。
禁断症状が生じた後は、個人差があるものの、およそ15日間続いてしまいます。
一口に、禁煙による禁断症状と言っても、数種類あります。
それは、倦怠感や眠気、イライラした感情や頭痛などが挙げられます。
実際に、禁煙を始めてから数日間は、喫煙したいという強い気持ちが、一日の間に何度も見受けられるようになります。
こうした喫煙衝動が起こった時に、どういった対処をすると、喫煙せずに済ませられるのかを予め考えておくと、煙草に手を出したくなるといったことは無くなるでしょう。
禁煙をスタートさせると、一日中煙草の事ばかり考えてしまうようになると考えられがちですが、実はそうではありません。
煙草の事を考えるのは、長くても5分程度と短いのです。
そのため、煙草の事を考えてしまうシーンを、メモ帳に書いておいたり、喫煙に代用できることを考えておくと良いでしょう。
最も避けなければならないのは、手持ち無沙汰になってしまうことです。
禁煙を開始する1週間前には、徐々に予め考えた方法を実践に移してみると良いでしょう。
効果が得られないようであれば、別の方法を試してみてください。
喫煙者が、最もタバコに手を伸ばしてしまうのは、起床直後とされています。
起床直後に吸いたくなった時は、顔を洗って衝動を誤魔化したり、食事の後に吸いたくなったら、歯磨きをするというのも良いでしょう。
さらに、コーヒーと相性が良い事から、禁煙中にコーヒーの香りを嗅ぐだけで、衝動に駆られてしまうこともあります。
そういった場合には、コーヒーの代わりに紅茶を淹れるなどして対策を講じるようにしましょう。